協議会専用ページ
会員加入について

「Mg-Day in仙台 Ⅱ」について

今回、東北エリアにおいて開催される 「Mg-Day in仙台 Ⅱ」について開催準備かできましたので連絡させていただきます。 是非、ご参集をお願い致します。

公開セミナーとして開催され、マグネシウム循環社会の実現のための活動状況と今後の取り組みについて議論が交わされます。
翌日、将来の(沖縄県久米島町)海洋深層水からのマグネシウム精錬の実現を見据えて、福島水素エネルギー研究フィールド(浪江町)の視察を実施します。

「マグネシウム循環社会推進協議会のメンバーが循環社会構築実現の為に、晩秋の杜の都・仙台に再び集結します。」

開催概要

  1. 主催:「一般社団法人マグネシウム循環社会推進協議会」
  2. 共催:東北大学産学連携先端材料研究センター
    後援:(予定)  東北経済産業局、内閣府沖縄総合事務局、宮城県、福島県、東北大学、久米島町
    (一社)国際海洋資源エネルギー利活用推進コンソーシアム
    (一社)ものづくりネットワーク沖縄
    公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構
  3. 開催場所
  4. http://www2.tagen.tohoku.ac.jp/information/access.html
    東北大学  多元物質科学研究所 N棟313 セミナー室
    仙台市青葉区片平二丁目1番1号(022-217-5204)  (JR仙台駅下車)
  5. スケジュール
  6. 2019年11月12日(火) 14:00~17:00 (13:50を目安にご集合お願いします。)
    ご挨拶: 東北大学 多元物質科学研究所長 村松淳司様 他
    【1】 活動状況説明
    熊谷 枝折 代表理事(事務局長兼応用部会長)
    坂本 満  会長(産業技術総合研究所 上席イノベーションコーディネーター)
    柴田 浩幸 精錬部会長(東北大学多元物質科学技術研究所 教授)
    【2】 報告事項
    ①「リターン材を利用したマグネシウム空気電池の開発状況」  阪間電池部会長(藤倉コンポジット(株))
    ②「マグネシウ空気電池の展開状況(秋田県大潟村にて)」  小出 彩乃 (電池部会・古河電池㈱)
    ③「Mg合金関連について(電池への展開)」         松本合金部会長(㈱戸畑製作所 社長)
    ④「沖縄県 久米島プロジェクトの展開」 (製錬とリサイクルプロジェクトの推進)
    ☆懇親会 17:30から19:30 「レストラン萩」
    https://www.tohoku.u-coop.or.jp/foodservice/hagi/
    会費:5,000円/一人、領収書発行できます。※片平キャンパス内にあります。
    ⑤他ご説明など(東京電機大学、AZUL Energy㈱)
    【3】 付帯行事
    2019年11月13日(水) https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101007.html
    福島再生エネルギー研究所(郡山)、福島水素エネルギー研究フィールド(浪江町)の見学
    詳細はこちら

参加のご案内

(事前登録で一般の方も参加可能です。)
実行委員長  柴田 浩幸 (東北大学 多元物質科学研究所 教授)
(連絡先)副実行委員長 熊谷 枝折  (マグネシウム循環社会推進協議会 事務局長)
Email: s-kumagai@furukawadenchi.co.jp mobile: 09037520002

〒980-0812 仙台市青葉区片平二丁目1-1 022-217-3884(TEL/FAX)